米GDP改定値、2.9%増 7~9月期、上方修正 個人消費上振れ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米国国旗の星条旗=2018年1月、高本耕太撮影
米国国旗の星条旗=2018年1月、高本耕太撮影

 米商務省が30日発表した2022年7~9月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)改定値は、年率換算で前期比2・9%増となり、速報値の2・6%増から上方修正した。プラス成長は3四半期ぶり。個人消費や設備投資が上振れした。

 4~6月期までの2四半期連続のマイナス成長は脱したものの、記録的な物価高騰…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文356文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集