グレートバリアリーフ、危機遺産に指定勧告 サンゴ白化現象進む

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
グレートバリアリーフのサンゴと魚=オーストラリア東部で13日、AP共同
グレートバリアリーフのサンゴと魚=オーストラリア東部で13日、AP共同

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の科学者らは28日、世界自然遺産に登録されているオーストラリアの世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフを、存続が危ぶまれる「危機遺産」に指定することをユネスコに勧告する報告書を公表した。今年3月に現地を調査し、広範囲でサンゴの白化現象が進んだことを確認したとしている。

 報告書は、ユネスコ世界遺産委員会が危機遺産に指定するかどうか決める会合の資料となる。

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文459文字)

あわせて読みたい

ニュース特集