和歌山の養鶏場で鳥インフル陽性 4万6000羽を殺処分へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
和歌山市
和歌山市

 和歌山県は30日、和歌山市内の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザへの感染が確認されたと発表した。遺伝子検査の結果、飼育する採卵鶏の陽性が判明し、約4万6000羽の殺処分を始めた。県内での発生は、白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」に続いて今季2例目。

 県によると、29日午前10時ごろ、9羽…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文328文字)

あわせて読みたい

ニュース特集