最西端・与那国島で初のミサイル避難訓練 北朝鮮の相次ぐ発射受け

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
沖縄県与那国町役場で、弾道ミサイルに備えた初動対応訓練をする職員ら=30日午後
沖縄県与那国町役場で、弾道ミサイルに備えた初動対応訓練をする職員ら=30日午後

 台湾に近い日本最西端の離島・与那国島(沖縄県与那国町)で30日、弾道ミサイルに備えた住民避難訓練が初めて実施された。北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射を踏まえ、政府や県などが主催した。情報提供や避難の手順確認が目的。8月には島から約80キロの海域に中国による弾道ミサイルが落下していた。

 仮想の「X国」がミサイルを発射したとの想定で、政府の担当者が訓練前、避難で…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集