英語、中国語に手話…ジブリパーク開園1カ月、ボランティア活躍

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
来園者に無料で楽しめる場所を案内する堀木幹夫さん(右)=愛知県長久手市の愛・地球博記念公園で2022年11月30日午前11時19分、酒井志帆撮影
来園者に無料で楽しめる場所を案内する堀木幹夫さん(右)=愛知県長久手市の愛・地球博記念公園で2022年11月30日午前11時19分、酒井志帆撮影

 愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)に誕生したジブリパーク。リニモの駅を出てすぐのメインゲートがある北口広場では、地図を見て立ち止まる来園者らにボランティアが積極的に声をかけている。

 「何かお困りですか?」

 11月30日の午前、堀木幹夫さん(73)=名古屋市天白区=が女性に声をかけると「無料で行ける場所はありますか」と尋ねられた。チケットを持たず金沢市から来たという。堀木さんは「サツキとメイの家」を眺められる展望台や、「ジブリの大倉庫」隣にある池を「散策するだけでも景色がいい」と案内すると…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文622文字)

あわせて読みたい

ニュース特集