尺八演奏家・野村峰山さん 人間国宝認定の祝賀会「流派問わず一丸」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
鏡開きをして人間国宝認定を祝う野村峰山さん(右から2人目)。右は箏曲家の妻祐子さん、左は徳丸吉彦・お茶の水女子大名誉教授=名古屋市中村区のホテルで2022年11月30日午後0時13分、山田泰生撮影
鏡開きをして人間国宝認定を祝う野村峰山さん(右から2人目)。右は箏曲家の妻祐子さん、左は徳丸吉彦・お茶の水女子大名誉教授=名古屋市中村区のホテルで2022年11月30日午後0時13分、山田泰生撮影

 重要無形文化財(人間国宝)に認定された名古屋市在住の都山流尺八演奏家、野村峰山さん(65)の記念祝賀会が11月30日、市内のホテルであった。

 大村秀章愛知県知事や河村たかし名古屋市長ら約330人が出席した。野村さんは客席後方から後輩演奏家の藤原道山さん(50)とともに登場。尺八の代表曲「鶴の巣籠(すごもり)」を2人で演奏し、祝賀会場に幻想的な音色が響き渡った。京都…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

あわせて読みたい

ニュース特集