青森で初雪観測 140年近くの観測史上最も遅く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
雪が降る中、自宅前の雪かきに追われる市民=青森市安方で2022年12月1日午後3時37分、江沢雄志撮影
雪が降る中、自宅前の雪かきに追われる市民=青森市安方で2022年12月1日午後3時37分、江沢雄志撮影

 青森地方気象台は30日、青森市で初雪を観測したと発表した。昨年より7日遅く、平年よりも22日遅い。2020年に観測方法が変わっているものの、1886年の統計開始以来、140年近くの間で最も遅い初雪の観測となった。

 同気象台によると、29日夜に寒冷前線が東北地方を通過し、冬型の気圧配置に。30日昼過ぎ…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文379文字)

あわせて読みたい

ニュース特集