特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

攻撃貫いたイングランド 「英国対決」ウェールズに3発 W杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ウェールズ-イングランド】ウェールズに勝利して笑顔を見せるマーカス・ラッシュフォード(左)らイングランドの選手たち=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月29日、宮武祐希撮影
【ウェールズ-イングランド】ウェールズに勝利して笑顔を見せるマーカス・ラッシュフォード(左)らイングランドの選手たち=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月29日、宮武祐希撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会の1次リーグB組は29日(日本時間30日)、イングランドが3-0でウェールズに快勝した。

 22回目のW杯で初めて実現した「英国対決」を制したのは地力に勝るイングランドだった。

 ボールを大きく動かして攻撃するイングランドと、それに耐えながらカウンターを狙うウェールズという構図になった。

 試合が動いたのは後半開始直後。今大会初先発の2人が躍動した。ラッシュフォードがFKを直接沈めて先制。さらにゴールの余韻が残る中、高い位置でのボール奪取から、主将のケーンの右クロスをフォーデンが左足でネットへ突き刺した。

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文664文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集