特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

サッカーW杯初の女性主審 コスタリカ対ドイツ戦でフラパル審判員

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
カタールW杯で、コスタリカ-ドイツの主審を務めることになったステファニー・フラパル審判員=ロイター
カタールW杯で、コスタリカ-ドイツの主審を務めることになったステファニー・フラパル審判員=ロイター

 国際サッカー連盟(FIFA)は29日、ワールドカップ(W杯)カタール大会で12月1日(日本時間2日)に北部アルホルで行われる1次リーグE組のコスタリカ―ドイツの主審をフラパル審判員(フランス)が務めると発表した。女性がW杯で主審を担当するのは初。

 副審も女性のバッキ審判員(ブラジル)とディアス審判員(メキシコ)が務め、女性3人が試合を裁く。

 フラパル審判員は22日に行われたメキシコ―ポーランドや、24日のポルトガル―ガーナで第4の審判員を務めた。…

この記事は有料記事です。

残り82文字(全文308文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集