元大関・朝乃山、十両復帰決定 23年初場所「感謝忘れず精進」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
九州場所で土俵に上がる朝乃山=福岡市の福岡国際センターで2022年11月18日午後2時54分、村社拓信撮影
九州場所で土俵に上がる朝乃山=福岡市の福岡国際センターで2022年11月18日午後2時54分、村社拓信撮影

 大相撲初場所(2023年1月8日初日、東京・両国国技館)の番付編成会議が30日開かれ、元大関の幕下・朝乃山(28)=高砂部屋=の十両復帰が決まった。日本相撲協会の新型コロナウイルス感染防止のガイドライン違反で6場所出場停止処分を受けて休場中だった今年初場所以来となる関取復帰。自ら招いた不祥事での再スタートからまた一歩前進した。

 朝乃山は日本相撲協会を通じ、「再び十両に昇進させていただき、素直にうれしく思います。支えてくださる方々への感謝の気持ちを忘れず、これからも日々精進してまいります」とコメントした。

この記事は有料記事です。

残り797文字(全文1052文字)

あわせて読みたい

ニュース特集