特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

国内人気が後押し 米国、2大会ぶり決勝T進出 サッカーW杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【米国-イラン】イランに勝利して喜び合う米国の選手たち=カタール・ドーハのアルスママ競技場で2022年11月30日、藤井達也撮影
【米国-イラン】イランに勝利して喜び合う米国の選手たち=カタール・ドーハのアルスママ競技場で2022年11月30日、藤井達也撮影

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会の1次リーグB組は29日、米国が1―0でイランに勝ち、1勝2分け、勝ち点5として同組2位で決勝トーナメント進出を決めた。

 国内で高まるサッカー人気の勢いそのままに米国が難敵イランに勝利し、2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。前半38分、中央からマッケニーが右へ浮き球のパスを送り、デストが頭で折り返すと、プリシックが押し込むダイナミックな展開から決勝点を奪った。

 次回2026年にカナダ、メキシコと3カ国で共催するW杯開催も手伝い、米スポーツで絶大な人気を誇る4大スポーツに割って入る存在として、サッカーの注目度が年々高まっている。

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文983文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集