特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

4年間の成果問われるスペイン戦 カギは「速攻」 サッカー日本代表

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
スペイン戦を前に調整する日本の選手たち=カタール・ドーハで2022年11月29日、藤井達也撮影
スペイン戦を前に調整する日本の選手たち=カタール・ドーハで2022年11月29日、藤井達也撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で1次リーグE組の日本は12月1日午後10時(日本時間2日午前4時)から、ドーハのハリファ国際競技場で第3戦のスペイン戦に臨む。

 勝ち点で並ぶコスタリカを得失点差で抑え、E組2位に付ける日本だが、自力で1次リーグ突破を決めるにはスペインからの白星が必要だ。ボールを圧倒的に保持する世界屈指の強豪相手に、ただ守るだけでなく、いかに得点を奪うか。難しい戦いとなる。

 スペインは27日、日本を苦しめたドイツを相手に結果こそ1―1だったものの、内容では前半から圧倒した。中盤の20歳、ペドリ(バルセロナ)らを中心に、少ないタッチでボールを動かす技術力は世界トップクラス。ボールを失った瞬間に相手に襲いかかってすぐさま奪い返す切り替えの速さも一級品だ。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文851文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集