中古iPhone市場に熱気 その秘密を探る 気になる品質は?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
9月に発売されたiPhone14シリーズ=アップル提供
9月に発売されたiPhone14シリーズ=アップル提供

 歳末商戦を前に、スマートフォンの買い替えを考えている人も多いのではないだろうか。ただ、国内で人気の米アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」は高機能化や最近の円安の影響で端末価格が上がり、パソコン並みの価格の機種もある。そんな中、国内の中古スマホ市場が急拡大している。人気の秘密や、中古品に心配はないのかを探ってみた。

円安影響、1年前より数万円高く

 アップルストアの販売価格は、アイフォーン14(128GB)が税込み11万9800円。より高機能なアイフォーン14プロ(128GB)は同14万9800円と高額だ。既存の他の機種も値上げした。14シリーズは、約1年前に発売された前モデルの13シリーズに比べ、2万~3万円ほど高い。

 アップルは7月1日に値上げをした。値上げ理由の公式発表はないが、同社は為替の変動に合わせ、世界各国で販売価格の調整をしており、円安・ドル高が急激に進んだことから、日本での収益を確保するため、値上げしたとみられる。

 アイフォーンが2008年に日本で初めて発売された時の価格は6万円台後半。これまでも高機能化や記憶容量の増加に伴い、価格水準は上昇傾向にあったが、今回の円安でますます手の届きにくい品となってしまっている。

中古市場に光明か

 そんな中、「7月の大幅値上げ後、中古アイフォーンの全体の売り上げが2倍に増えた。9月の『14』発売後も中古品の勢いは落ちていない。新品の値段の高さから、こちらに流れてきているのかもしれない」。そう話すのは、中古スマホ販売サイト「にこスマ」の運営会社、ビロングの担当者だ。

 中古スマホの流通が盛んになったのは、…

この記事は有料記事です。

残り1770文字(全文2460文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集