特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

米仏首脳、1日に会談 バイデン政権初の国賓、中露対応を協議

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
バイデン米大統領(左)とマクロン仏大統領
バイデン米大統領(左)とマクロン仏大統領

 バイデン米大統領は12月1日、フランスのマクロン大統領とホワイトハウスで会談した。バイデン政権が初めての国賓としてマクロン氏を米国に招待した。ロシアによるウクライナ侵攻や覇権的な動きを強める中国への対応を中心に協議し、米欧の結束をアピールする。米企業優遇で欧州側が不満を表明している、米国の「インフレ抑制法」についても議論される見通し。

 ウクライナ侵攻では、ロシアによるエネルギー関連のインフラ施設への攻撃で厳寒期への対応が急務になっている。11月末の北大西洋条約機構(NATO)外相会合ではインフラ復旧や燃料支援の強化で合意しており、両氏は引き続き支援策を協議する。

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文823文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集