ロシアのリベラル派重鎮が退任 大統領選出馬の可能性も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシアのクドリン前会計検査院長官=モスクワで2018年11月、ロイター
ロシアのクドリン前会計検査院長官=モスクワで2018年11月、ロイター

 ロシア上院は11月30日、辞意を表明していたクドリン会計検査院長官(62)の退任を承認した。クドリン氏はプーチン大統領に近く、リベラル派の重鎮とみなされてきた。国内の大手ネット企業に転出するとみられているが、2024年の大統領選に出馬する可能性も取り沙汰されており、動向が注目されている。

 ロシア第2の都市サンクトペテルブルク出身のクドリン氏は、同市副市長を務めていたプーチン氏と懇意にしてきた。プーチン氏が大統領に就任した00年から財務相を務め、財政健全…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文574文字)

あわせて読みたい

ニュース特集