人の便の細菌群、初の薬に 米FDA承認 感染症の再発抑制効果

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港に掲示されている米国国旗の星条旗=2022年10月22日午前6時11分、西田進一郎撮影
ロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港に掲示されている米国国旗の星条旗=2022年10月22日午前6時11分、西田進一郎撮影

 米食品医薬品局(FDA)は11月30日、健康な人の便に含まれる細菌群を初めて医薬品として承認した。クロストリジウム・ディフィシルという細菌の感染症を繰り返す18歳以上の患者が対象で、肛門から薬を注入し、腸内細菌のバランスを回復させて再発を抑える。

 原因となる細菌は普段から腸内にいるが、抗生物質で他の細菌が減ったり、免疫が…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

あわせて読みたい

ニュース特集