江沢民氏死去で追悼ムード広がる 当局、政治運動への発展警戒

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
江沢民元国家主席の死去をそろって白黒の1面記事で伝える中国の主要紙=北京市で2022年12月1日、岡崎英遠撮影
江沢民元国家主席の死去をそろって白黒の1面記事で伝える中国の主要紙=北京市で2022年12月1日、岡崎英遠撮影

 中国の江沢民元国家主席(元共産党総書記)の死去から一夜明けた1日、北京の天安門や人民大会堂などには半旗が掲揚されるなど追悼ムードが広がった。中国共産党・政府は1日、6日午前に人民大会堂で追悼大会を行うと発表。11月30日には習近平国家主席を主任委員とする葬儀委員会を設置しており、国を挙げて追悼するとみられる。

 党機関紙・人民日報など中国の主要紙は1日、江氏の死去について「卓越した指導者だった」と1面で伝えた。また官庁や主要メディアのサイトなども弔意を示すため軒並み白黒表示になった。

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文587文字)

あわせて読みたい

ニュース特集