自宅に多額現金、狙い撃ち 1件あたりの被害額増、情報屋介在?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
愛知県警が作製した「住宅防犯ガイドブック」の表紙
愛知県警が作製した「住宅防犯ガイドブック」の表紙

 愛知県内では10月末現在、住宅を狙った侵入盗の被害総額が全国ワーストとなっている。近年は件数こそ減少傾向となっているが、1件当たりの被害総額は増加している。窃盗グループは犯行前に下調べをした上で、多額の現金がある住宅を「狙い撃ち」しているとみられており、県警は「自宅で現金を保管しないで」と注意を促している。

 県警生活安全総務課によると、県内の住宅侵入盗の認知件数は、2018年2736件▽19年1955件▽20年1388件▽21年1077件――と減少傾向にある。一方で被害総額は過去4年、全国ワーストもしくはワースト2位で1件当たりの被害額が高額化している。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文796文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集