秋田の鉄鋼会社がドローン開発へ AI搭載カメラで不審者ら察知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東光鉄工の農業用ドローンと伊藤均副社長=秋田県大館市で2022年11月2日、猪森万里夏撮影
東光鉄工の農業用ドローンと伊藤均副社長=秋田県大館市で2022年11月2日、猪森万里夏撮影

 秋田県の鉄鋼会社「東光鉄工」(大館市)は30日、ダムや発電所などインフラ設備の点検、警備用ドローンを開発すると発表した。インターネットにつながるAI(人工知能)を搭載したカメラ技術を持つ「FCNT」(神奈川県大和市)と協力し、テロ対策などに貢献したい考えだ。

 東光鉄工によると、AI搭載カメラで空撮した高解像度の映像を次世代通信規格「5G(第5世代)」に対応した回線で送信し、即時に解析すること…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

あわせて読みたい

ニュース特集