東大寺お水取り、子・孫の代へ たいまつ用ヒノキ小学生ら植樹 三重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
植樹したヒノキの苗にシカよけの防護ネットをかぶせる児童と教諭=三重県名張市内の山林で、山中尚登撮影
植樹したヒノキの苗にシカよけの防護ネットをかぶせる児童と教諭=三重県名張市内の山林で、山中尚登撮影

 奈良・東大寺二月堂の修二会(しゅにえ、お水取り)で使う松明(たいまつ)の原料になるヒノキが年々、少なくなってきているため、三重県名張市赤目町一ノ井の住民組織「伊賀一ノ井松明講」(森本芳文講長)のメンバーと、地元の市立錦生赤目小学校の児童たちが11月25日、同町一ノ井の極楽寺近くの山林でヒノキの苗約100本を植樹した。

 伊賀一ノ井松明講は、約770年前から、毎年3月12日に東大寺までの一部行程を行列を組んで松明を運ぶ「松明調進」を行っている。2月には松明を作る「松明調製」を行うため、極楽寺近くの山林からヒノキを切り出し、小分けにして境内に運び、くさび形の松明を作っている。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文664文字)

あわせて読みたい

ニュース特集