時速194km暴走、危険運転致死に訴因変更 量刑より重く 大分地検

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大分地方検察庁=河慧琳撮影
大分地方検察庁=河慧琳撮影

 大分地検は1日、大分市で2021年2月に時速約194キロで乗用車を運転し死亡事故を起こしたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)罪で起訴していた事故当時19歳の男について、より量刑の重い同法違反(危険運転致死)罪への訴因変更を大分地裁に請求した。

 亡くなった会社員、小柳憲さん(当時50歳)の遺族…

この記事は有料記事です。

残り56文字(全文206文字)

あわせて読みたい

ニュース特集