「宮台という言論人が襲われたこと、決して許されない」神保哲生さん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
神保哲生さん=東京・永田町で2017年4月27日午後1時48分、中村藍撮影
神保哲生さん=東京・永田町で2017年4月27日午後1時48分、中村藍撮影

 東京都八王子市の東京都立大学南大沢キャンパス敷地内で同大教授で社会学者の宮台真司さん(63)が男に首などを切られ重傷を負った事件で、宮台さんと親交の深いジャーナリストの神保哲生さんが1日、毎日新聞の取材に応じ、「宮台という言論人が襲われ、大けがをしたことは決して許されることではない」と語った。

 神保さんは事件当日の29日夜、宮台さん…

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文367文字)

あわせて読みたい

ニュース特集