盛岡八幡宮で正月の縁起物作り、大詰め コロナで頒布を前倒し

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
正月に向け破魔矢を作るみこたち=盛岡市の盛岡八幡宮で2022年12月1日午後3時20分、湯浅聖一撮影
正月に向け破魔矢を作るみこたち=盛岡市の盛岡八幡宮で2022年12月1日午後3時20分、湯浅聖一撮影

 盛岡市の盛岡八幡宮で、破魔矢など正月の縁起物作りが大詰めを迎えている。1日は、はかま姿のみこ5人が、来年のえとである「卯(う)」の絵馬などを結びつけたり、袋に入れたりする作業に追われていた。

 破魔矢は白や赤、黒など4種類で計約8000本を用意し、他に熊手約3000本やごぼうしめ縄約1800本を12…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文347文字)

あわせて読みたい

ニュース特集