藤田医科大が防災士講座の受講を必修化 全国初、23年度入学生から

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
藤田医科大学が運営する病院=愛知県豊明市で2021年5月24日午前、川瀬慎一朗撮影
藤田医科大学が運営する病院=愛知県豊明市で2021年5月24日午前、川瀬慎一朗撮影

 愛知県豊明市の藤田医科大は2023年度の入学生から、NPO法人「日本防災士機構」(東京都)が認定する「防災士」の資格を取得するための養成講座の受講を必修化する。災害支援を担う人材を育成し、地域防災の向上を図るのが狙い。同大によると、大学で防災士講座の受講を必修化するのは全国初という。

 防災士は地域での防災啓発や災害時の避難所運営・救援活動に従事したりするリーダーを育成するため、同機構が03年から認定を開始。機構が認証した研修機関による養成講座を履修し、試験の合格、救急救命講習の修了証取…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文617文字)

あわせて読みたい

ニュース特集