JR大阪駅の新改札口「関西の玄関に」23年3月から運用 新駅直結

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
JR大阪駅西口ができる工事現場=大阪市北区で2022年12月1日午後2時16分、望月亮一撮影
JR大阪駅西口ができる工事現場=大阪市北区で2022年12月1日午後2時16分、望月亮一撮影

 JR西日本は1日、大阪駅に新設される二つの改札口を報道陣に公開し、名称を発表した。いずれも駅北側に建設中の新たな地下ホーム(新駅)とつながる。新駅直近に「うめきた地下口」、現在の駅舎西側に「西口」を整備する。運用開始は新駅と同じ2023年3月を予定している。

 新駅は地下2階で、大阪駅北側の「うめきた2期」再開発区域で建設中。地下1階にうめきた地下口が設置され、地下道で複合…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

あわせて読みたい

ニュース特集