和歌山商業高の野球部監督が体罰 部員の頭を木製バットで殴る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
写真はイメージ=ゲッティ
写真はイメージ=ゲッティ

 和歌山県立和歌山商業高校(和歌山市)の野球部の60代男性監督が、部員の1年生の男子生徒(16)の頭をバットで殴ってけがをさせる体罰をしたとして、同校が指導から外していることが1日、同校関係者などへの取材で判明した。生徒は被害届を提出し、県警が傷害事件として捜査している。

 同校や捜査関係者によると10月15日午前、学校のグラウンドで練習中、監督が「ノックの球出しが遅い」などと言い、生徒の頭に両手で木製バットを振り下ろした。生徒はヘルメットをかぶっていたが、頭部打撲の軽傷を負った。生徒の父親が同…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文624文字)

あわせて読みたい

ニュース特集