自由化も競争促進「骨抜き」に 電力3社、営業エリア維持でカルテル

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
九州電力本店が入るビル=福岡市中央区で2022年12月1日午後3時13分、植田憲尚撮影
九州電力本店が入るビル=福岡市中央区で2022年12月1日午後3時13分、植田憲尚撮影

 西日本の大手電力会社の電力小売りを巡るカルテル疑惑で、巨額の課徴金処分案が示された。競争促進という電力小売り自由化の趣旨が“骨抜き”にされた格好だ。計1000億円超の課徴金が各社の経営に打撃となるのは必至で、電気料金の値上げが相次ぐ中、利用者からの風当たりも強まりそうだ。

 「電力大手の古い体質がなかなか抜けない現実を思い知らされた。公平性のある業界に生まれ変わってほしい」。企業向けに電気を販売するある中小企業の幹部はこう嘆く。

 電力事業は地域独占体制が戦後長く続いた。だが、…

この記事は有料記事です。

残り1952文字(全文2192文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集