中学生棋士の仲邑菫三段、女流棋聖戦決勝進出 「力出し切りたい」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
初の決勝進出を決め、笑顔を見せる仲邑菫三段=東京都千代田区の日本棋院で2022年12月1日、武内亮撮影
初の決勝進出を決め、笑顔を見せる仲邑菫三段=東京都千代田区の日本棋院で2022年12月1日、武内亮撮影

 囲碁の中学生棋士、仲邑菫三段(13)が1日、東京都千代田区の日本棋院で打たれた第26期女流棋聖戦本戦準決勝で、向井千瑛六段(34)に155手で黒番中押し勝ちし、初の挑戦者決定戦進出を決めた。仲邑三段は8日の挑戦者決定戦で藤沢里菜女流本因坊(24)と対戦し、上野愛咲美女流棋聖への挑戦権獲得を目指す。

 本戦は、予選を勝ち上がった16人が出場…

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文318文字)

あわせて読みたい

ニュース特集