特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

メキシコ、笑顔なき勝利 8大会連続の決勝T進出ならず W杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【サウジアラビア-メキシコ】後半、FKからゴールを決めるメキシコのチャベス=カタール・ルサイルのルサイル競技場で2022年11月30日、ロイター
【サウジアラビア-メキシコ】後半、FKからゴールを決めるメキシコのチャベス=カタール・ルサイルのルサイル競技場で2022年11月30日、ロイター

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグC組は30日、メキシコが2―1でサウジアラビアに勝利し、1勝1分け1敗で勝ち点4。得失点差で2位ポーランドに及ばず、1次リーグ敗退が決まった。

 夜空に響いた勝利を告げる笛。だが、メキシコの選手たちに誰一人として笑顔はない。結果的に1次リーグ突破まであと1点足りず、1994年米国大会から7大会続いていた決勝トーナメント進出が途切れた。

 次のステージに進むには勝った上で大量得点が必要なため、試合開始からエンジン全開で飛ばした。激しい寄せでボールを奪い、サイドから鋭いクロスを次々にゴール前へと上げる。2戦無得点だった今大会、ようやくネットを揺らせたのが後半2分。CKからマルティンが押し込み、5分後にはチャベスの左足のFKが鋭く曲がってゴール右上に突き刺さった。

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文578文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集