特集

宝塚歌劇

100年を超えてなお、世代を超えて多くのファンを魅了する宝塚歌劇。関連するニュースをお届けします。

特集一覧

最初は「詐欺?」 宝塚歌劇とジョージアンダンスが出合うまで

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ジョージアンダンスを踊るノグチマサフミ(中央)=本人提供
ジョージアンダンスを踊るノグチマサフミ(中央)=本人提供

 「最近の詐欺は凝ってるな」。ジョージアンダンスの第一人者、ノグチマサフミ(35)は、宝塚歌劇団から連絡を受けた時、こう思ったという。東欧の伝統舞踊だが、日本人ダンサーはほとんどおらず、知名度は低い。地道に普及してきたノグチにとって、意外なオファーだった。星組公演「ディミトリ~曙光(しょこう)に散る、紫の花~」で振り付けを担当し、「多くの人に関心を持っていただき、うれしい」と顔をほころばせる。

日本に習える場所なく現地へ

 ジョージアは黒海に面した国で、1991年にソ連から独立。日本では、2015年まで「グルジア」と呼ばれていた。この国に紀元前2000年から伝わるとされるジョージアンダンスには結婚や戦争、祭典のシーンに応じて多様なスタイルがある。女性は優雅に踊る一方、男性の動きは力強く素早い。複雑な足さばきや高速回転、ジャンプして膝で着地する動作もある。どこからも美しく見える舞は静止画に例えられる。

 そんなダンスに、日本人として初めて本格的に挑んだのがノグチだ。劇団四季で活躍していたが、16年にSNS(ネット交流サービス)を通じて、この踊りの存在を知った。格好良さに加え、キレを重視する自身のスタイルに合い、「踊りたい」と思った。しかし、日本…

この記事は有料記事です。

残り1165文字(全文1691文字)

【宝塚歌劇】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集