特集

旧統一教会

安倍元首相銃撃事件を機に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に改めて注目が集まっています。

特集一覧

進んで寄付でも「取り消し権の対象となり得る」 岸田首相が答弁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
岸田文雄首相
岸田文雄首相

 岸田文雄首相は2日の参院予算委員会の集中審議で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の被害者救済に向けた新法案を巡り、進んで寄付したように見える場合でも、宗教団体に入信当初に不安をあおられ、困惑していたとその後自覚した場合は新法案で禁止する寄付行為に該当し、「(寄付の)取り消し権の対象となり得る」と答弁した。立憲民主党の岸真紀子氏への答弁。

 新法案では、寄付を勧誘する際、霊感を用いて不安をあおるなど寄付者を「困惑させてはならない」と禁止規定を設けるが、霊感などを信じて進んで寄付した場合に対象になるかが焦点となっていた。

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文573文字)

【旧統一教会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集