NY株反落、194ドル安 大幅続伸の反動で利益確定の売り優勢

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ニューヨーク証券取引所=2月
ニューヨーク証券取引所=2月

 1日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比194・76ドル安の3万4395・01ドルで取引を終えた。前日に大幅続伸した反動で、利益確定の売りが優勢となった。

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が講演で12月にも利上げ幅を縮小する可能性を示唆し、前日は買い注文が膨らん…

この記事は有料記事です。

残り105文字(全文255文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集