英女王側近が黒人女性に人種差別発言、役職を辞任

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
辞任したスーザン・ハッシー氏(右)。左はエリザベス英女王=英国で2011年1月23日、AP
辞任したスーザン・ハッシー氏(右)。左はエリザベス英女王=英国で2011年1月23日、AP

 9月に死去したエリザベス英女王の側近だった女性(83)が、バッキンガム宮殿で11月に開かれたレセプションで英国籍の黒人女性(61)に出身地をしつこく尋ね、人種差別的な発言だと批判を浴びて今月1日までに王室の役職を辞任した。女王の孫ヘンリー王子の妻メーガン妃も過去に王室で人種差別的な扱いを受けたと告白しており、再び議論を呼んでいる。

 英メディアによると、辞任した女性は貴族出身のスーザン・ハッシー氏で、女官として長年エリザベス女王に仕えた。11月29日に開かれたカミラ王妃主催のレセプションで、慈善団体代表の黒人女性ヌゴジ・フラニさんに出身地を尋ねた。フラニさんが「英国生まれです」と答えたところ「本当はどこから来たの?」「どこの出身かあなたに言わせるわよ。初めてここ(英国)に来たのはいつ?」とたたみかけた。

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文567文字)

あわせて読みたい

ニュース特集