築城400年の福山城、オブジェと映像で幻想的に 「光の祭」開幕

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
福山城天守前広場に並んだ卵形の光のオブジェ=広島県福山市で2022年12月1日午後6時16分、関東晋慈撮影
福山城天守前広場に並んだ卵形の光のオブジェ=広島県福山市で2022年12月1日午後6時16分、関東晋慈撮影

 広島県福山市の福山城内を光のオブジェやデジタル映像で飾る展覧会「チームラボ 福山城 光の祭」が2日夜、開幕した。築城400年の節目に改修された天守や石垣に光や映像を投影し、音とともに刻々と変化するアート作品。歴史とアートがコラボした重厚で幻想的な空間が生まれた。

 デジタルアート集団「チームラボ」(東京)が手がけた12作品を楽しめる。天守前広場には卵形の光のオブジェが100個以上…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

あわせて読みたい

ニュース特集