特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

自治体や医療機関に「事前の備え」 焦点は実効性 改正感染症法

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
集中治療室(ICU)を新型コロナウイルスによる重症患者専用の病床に改装した聖マリアンナ医科大病院。新型コロナウイルスの流行のたびに病床逼迫(ひっぱく)を招き、医療提供体制のもろさが浮き彫りになってきた=川崎市宮前区で2020年4月30日午前10時59分、佐々木順一撮影
集中治療室(ICU)を新型コロナウイルスによる重症患者専用の病床に改装した聖マリアンナ医科大病院。新型コロナウイルスの流行のたびに病床逼迫(ひっぱく)を招き、医療提供体制のもろさが浮き彫りになってきた=川崎市宮前区で2020年4月30日午前10時59分、佐々木順一撮影

 感染症の流行時に病床確保の実効性を高めるための改正感染症法は2日、参院本会議で与党や立憲民主党などの賛成多数で可決、成立した。

 新型コロナウイルス対応では、流行のたびに病床逼迫(ひっぱく)を招き、国内の医療提供体制のもろさが浮き彫りになってきた。改正感染症法は、約3年の経験を教訓に、次の感染症に備えて都道府県と医療機関に事前の備えの徹底を求めるもので、実効性が焦点となる。

 改正法で要となるのは、都道府県と医療機関が平時に結ぶ協定の規定だ。発生初期から対応を担う医療機関には、手厚い財政支援の仕組みも設ける。

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文927文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集