4万人が「古墳にコーフン!」 発掘体験、土器パズル…大阪でフェス

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
古代にまつわる各地の「ゆるキャラ」も集合した=2022年11月27日午後1時、長尾真希子撮影
古代にまつわる各地の「ゆるキャラ」も集合した=2022年11月27日午後1時、長尾真希子撮影

 古墳とアートの祭典「古墳フェス はにコット」が11月27日、大阪府高槻市の今城塚古墳で開かれた。コロナ禍の2年間はオンライン開催だったものの、今年は3年ぶりに現地開催。過去最高の約4万人が訪れ、多くの家族連れや子供たちが“古墳まみれ”の一日を楽しんだ。

 継体天皇の墓とされる今城塚古墳は、全長約190メートルの前方後円墳。イベントは実行委委員長のマキリエさん(42)が毎日、娘と古墳を散歩するうちに古墳愛が芽生え、古墳の魅力を多くの人に知ってほしいと2012年に始めた。今では古代フードや古墳グッズを扱った約200店舗が集まって「古墳―1グランプリ」を決めるほか、古墳ミュージシャンやアーティスト、20体のゆるキャラらがイベントを盛り上げ、世界初にして、日本最大級の古墳イベントに成…

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文857文字)

あわせて読みたい

ニュース特集