ゴーカート事故、消費者庁など注意喚起 JAFの安全対策公表で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
消費者庁などが入る中央合同庁舎第4号館=東京都千代田区で2019年2月10日、本橋和夫撮影
消費者庁などが入る中央合同庁舎第4号館=東京都千代田区で2019年2月10日、本橋和夫撮影

 北海道森町で9月、ゴーカートが観客に突っ込み2歳の男児が死亡した事故を受け、消費者庁とこども家庭庁設立準備室は2日、子どもが乗り物を運転して遊ぶ際の注意点を説明した。モータースポーツを管轄する日本自動車連盟(JAF)が同日公表した安全対策を踏まえ「安全講習の有無や観覧エリアの場所も確認してほしい」と呼びかけた。

 消費者庁と準備室は11月、スポーツ庁を通じてJAFに対し体験イベントなどでの安全対策徹底やガイドラインの作成を要請していた。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文450文字)

あわせて読みたい

ニュース特集