特集

旧統一教会

安倍元首相銃撃事件を機に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に改めて注目が集まっています。

特集一覧

「私はなぜ養子に?」 苦悩の旧統一教会2世、明かせぬ本音

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
旧統一教会が発行した書籍には、養子について「『天から授かった』という意識をもつことが大切」と書かれている=大阪市北区で2022年11月29日、山田尚弘撮影
旧統一教会が発行した書籍には、養子について「『天から授かった』という意識をもつことが大切」と書かれている=大阪市北区で2022年11月29日、山田尚弘撮影

 「私はなぜ養子になったの?」――。世界平和統一家庭連合(旧統一教会)内での養子縁組が問題になる中、養子として育った10代の女性が毎日新聞の取材に応じた。教団では養子縁組を「美しい伝統」と推奨してきたが、教団の関与など詳しい実態は分かっていない。女性は愛情を持って養父母に育ててもらったことに感謝する一方、信仰から離れつつある自らの思いを打ち明けられないでいる。

生まれる前から両家で合意

 東日本に住む女性は幼稚園児の時、自分が養子だと知った。養父母が親しく付き合う家族がおり、「あの人たちは誰なの」と聞くと、実親だと教えられた。

 「どうやって私はここに来たの?」。小学校高学年の時、そう聞いたことがある。養母によると、実母から「次に子どもが生まれた時は、…

この記事は有料記事です。

残り1689文字(全文2016文字)

【旧統一教会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集