特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

男子W杯で初の女性主審 コスタリカ-ドイツ戦にフラパル審判員

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
サッカーW杯・コスタリカ-ドイツ戦で、主審を務めるフラパル審判員(中央)。副審はバッキ氏(左)とディアス氏(右)が務める=2022年12月1日、ロイター
サッカーW杯・コスタリカ-ドイツ戦で、主審を務めるフラパル審判員(中央)。副審はバッキ氏(左)とディアス氏(右)が務める=2022年12月1日、ロイター

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は1日、1次リーグE組のコスタリカ―ドイツ戦で、フラパル審判員(フランス)が女性として初めて男子W杯の主審を務めた。

 副審も女性のバッキ(ブラジル)、ディアス(メキシコ)の両審判員が担当。欧州チャンピオンズリーグ(CL)などで主審経験があるフラパル主審は…

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文264文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集