特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

権田修一「目指しているところの挑戦権を得ただけ」 サッカーW杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-スペイン】スペインを破って決勝トーナメント進出を決め喜び合う吉田麻也(左)、GK権田修一=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年12月1日、藤井達也撮影
【日本-スペイン】スペインを破って決勝トーナメント進出を決め喜び合う吉田麻也(左)、GK権田修一=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年12月1日、藤井達也撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組の日本は1日(日本時間2日)、スペインに2―1で逆転勝ちし、2大会連続の決勝トーナメント進出を決めた。再三のピンチを防いだGK権田修一選手(清水エスパルス)は「ここからが勝負」と話した。主なコメントは次の通り。

ここからが勝負

 うれしいのが半分と、僕らが目指しているところの挑戦権を得ただけなので、ここからが勝負だと思っています。

 前後半はずっと(ボールを)持たれていた。90分間、点を取った時間以外は、ほぼ相手に支配されながらのゲームだった。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文720文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集