特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

またも決めた堂安律 逆転劇導いたミドル「きょうは称賛して」 W杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-スペイン】後半、同点ゴールを決めて喜ぶ堂安律(中央右)に駆け寄る日本の選手たち=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年12月1日、藤井達也撮影
【日本-スペイン】後半、同点ゴールを決めて喜ぶ堂安律(中央右)に駆け寄る日本の選手たち=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年12月1日、藤井達也撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組の日本は1日(日本時間2日未明)、1次リーグ最終戦でスペインに2―1で逆転勝利した。日本は2勝1敗の勝ち点6とし、首位で2大会連続の決勝トーナメント進出を決めた。

 逆境になればなるほど力を発揮する。後半から途中出場した堂安律がまたも逆転劇への道を開いた。「まだ歴史を塗り替えたわけでないが、大きな壁を乗り越えた」。落ち着いた表情で喜びをかみ締めるように言った。

 目の覚めるような一撃だった。1点を追う後半頭から右ウイングに入ると、3分で結果を残した。味方が前線から連動したプレスを仕掛け、伊東純也が相手DFと競り合った球が目の前にこぼれてきた。

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文974文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集