特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

前回準優勝クロアチアに「三度目の正直」なるか 決勝T1回戦で対戦

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-スペイン】スペインを破って決勝トーナメント進出を決め、喜び合う日本の選手たち=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年12月1日、宮武祐希撮影
【日本-スペイン】スペインを破って決勝トーナメント進出を決め、喜び合う日本の選手たち=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年12月1日、宮武祐希撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組で1日(日本時間2日)、日本はスペインに2―1で逆転勝ちし、首位で1次リーグを通過した。

 日本は5日(日本時間6日)の決勝トーナメント1回戦で、F組2位で前回準優勝のクロアチアと対戦することが決まった。人口約400万人ながらサッカーの世界的名手を輩出する東欧の雄と、日本はW杯では過去2度顔を合わせて、1分け1敗と勝ったことがない。「三度目の正直」となるか。

 最初の対戦は、ともに初出場だった1998年フランス大会。両チームは1次リーグ第2戦で対戦し、クロアチアがエースFWシュケルの決勝点で1―0で勝利した。司令塔のMFボバンら才能豊かな選手を擁し、シュケルも得点王に輝く活躍で、いきなり3位に躍進し、世界を驚かせた。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文655文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集