特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

リスク承知でスペインに仕掛けた勝負 森保監督「プラン通り」 W杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
スペイン戦の後半、ゴールに迫る日本の三笘薫(上)=2022年12月1日、AP
スペイン戦の後半、ゴールに迫る日本の三笘薫(上)=2022年12月1日、AP

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で日本は1日(日本時間2日)、1次リーグE組の最終戦でスペインに2―1で逆転勝利した。日本は2勝1敗の勝ち点6とし、同組首位で2大会連続の決勝トーナメント進出を決めた。

スペインの細かいパスに対抗

 スペインの強力攻撃陣に対抗するため、日本が選択した守備陣形は、スタートから3バックで臨むことだった。

 ここまで2戦の最終ラインは4バックでスタートし、途中から3バックに変更した。3バックの中央で最終ラインを統率した主将の吉田麻也が狙いを明かす。「3バックもしくは5バックでしっかりハメにいく。後ろは我慢するというプランだった」

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1162文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集