特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

手のひら返しの中傷…日本代表、ピッチ外でも闘い サッカーW杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-スペイン】スペインを破って決勝トーナメント進出を決め、笑顔を見せる吉田麻也選手(左)とGK権田修一選手=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年12月1日、藤井達也撮影
【日本-スペイン】スペインを破って決勝トーナメント進出を決め、笑顔を見せる吉田麻也選手(左)とGK権田修一選手=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年12月1日、藤井達也撮影

 闘いはピッチの中だけではなかった。サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で1日(日本時間2日)、スペインに逆転勝ちして決勝トーナメント進出を果たした日本代表は、初戦で強豪ドイツから歴史的勝利を挙げたが、第2戦はコスタリカに敗戦。「手のひら返し」のように、ネット交流サービス(SNS)で一部選手らに対する激しい誹謗(ひぼう)中傷が広がっていた中、選手たちは平常心を保とうとしながら試合に臨んでいた。

 スペイン戦で決勝ゴールを決めた田中碧選手(24)=デュッセルドルフ=は試合後、勝利の喜びを口にした後に表情を曇らせ胸の内を明かした。「コスタリカに負け、いろいろな選手がいろいろなことを言われていた。同じ国民なのになぜ一緒に戦ってくれないのか」

この記事は有料記事です。

残り1175文字(全文1499文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集