特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

混戦のE組 目まぐるしい得点経過 日本、紙一重の決勝T進出

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-スペイン】決勝トーナメント進出を決めてベンチから駆け出す(右から)鎌田大地、前田大然、南野拓実、相馬勇紀ら日本の選手たち=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年12月1日、藤井達也撮影
【日本-スペイン】決勝トーナメント進出を決めてベンチから駆け出す(右から)鎌田大地、前田大然、南野拓実、相馬勇紀ら日本の選手たち=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年12月1日、藤井達也撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組の日本は1日(日本時間2日)、スペインに2―1で逆転勝ちし、2大会連続の決勝トーナメント進出を決めた。同時刻に開催された同組のドイツ―コスタリカ戦も激しい点の取り合いとなり、順位は目まぐるしく変化した。

 決勝トーナメントには、1次リーグの各組4チーム中2位までが進む。順位は①勝ち点(勝利3点、引き分け1点、敗戦0点)②得失点差③総得点(ゴール)数――の順番で決まる。さらにもつれた場合は▽当該チーム間の対戦成績▽警告や退場の数による「フェアプレーポイント」▽抽選――の順で決める。

 1次リーグ最終戦前のE組は、1位スペイン(勝ち点4、得失点差プラス7)、2位日本(3、0)、3位コスタリカ(3、マイナス6)、4位ドイツ(1、マイナス1)。日本とドイツのゴール数は「2」で同じだった。

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文981文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集