特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

「麻也も監督も長崎の誇り」 歴史的勝利に歓喜 サッカーW杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
吉田麻也選手の背番号22のユニホームが飾られた店内でエールを送る松島伸一さん=長崎市松が枝町で2022年11月25日午後4時11分、城島勇人撮影
吉田麻也選手の背番号22のユニホームが飾られた店内でエールを送る松島伸一さん=長崎市松が枝町で2022年11月25日午後4時11分、城島勇人撮影

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会の1次リーグで2日(日本時間)、日本代表がW杯優勝経験国の強豪、スペインに逆転勝ちして2大会連続の決勝トーナメント進出を決めた。日本代表の主将を務める吉田麻也選手(34)の古里、長崎市では、地元後援会の事務局を兼ねる洋食店に友人ら約20人が集まり、未明の大一番を見守った。歴史的勝利に、店は歓喜に包まれた。

 「夢のようだ」。洋食店「レッケル」の店主で吉田選手の後援会事務局長の松島伸一さん(56)は声を震わせた。「ドイツとスペインを倒して決勝トーナメントに進出するなんて、昔の日本代表では考えられなかった。文句なしの勝利。麻也も(長崎市育ちの森保一)監督も長崎の誇りだ」

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文1028文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集