特集

Gender

シンクタンクの男女格差を示す指数で、日本は146カ国中116位。深刻なジェンダーギャップを解消するには?

特集一覧

首相「あらゆる次元にジェンダー視点」 国際女性会議で強調

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
岸田文雄首相
岸田文雄首相

 政府は3日、女性の権利拡大やジェンダー(社会的性差)平等を目指す国際女性会議「WAW!」を東京都内で開いた。岸田文雄首相は開会式に出席し、女性の視点を反映させた政策を推進すると表明。妻の産休期間中に夫が取得できる「産後パパ育休」などの取り組みを紹介し「あらゆる次元にジェンダーの視点を取り入れ、一人一人の活力を社会の成長へつなげていく」と強調した。

 WAW!は2014年に初開催し、今回で6回目。20年に予定していた会議が新型コロナウイルス禍で延期され、19年3月以来の開催となった。首相は議論の結果を来年5月の主要7カ国首脳会議(G7広島サミット)に生かしたい考えだ。

 首相は開会式で、女性を取り巻く環境について「社会的格差が今なお課題だ」と指摘。新型コロナの感染リスクが高い医療や介護の過酷な労働、ウクライナでのロシア兵による女性への性暴力を例示した。「誰もが生きがいを感じられる社会の実現に向け、今回のWAW!が重要な契機になると期待する」と語った。

 …

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文620文字)

【Gender】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集