特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

停戦に向け、米と交渉 プーチン氏は「応じられる」ペスコフ露報道官

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシアのプーチン大統領
ロシアのプーチン大統領

 ロシアが侵攻するウクライナの情勢を巡り、ロシアのペスコフ大統領報道官は2日、停戦に向けた米国との交渉の可能性について「国益を確保するためならプーチン大統領はこれまでも、そして今も交渉に応じられる」と述べた。ただ、ウクライナや米国が求めるロシア軍撤収の意思はないと強調しており、交渉が実現する見通しは立っていない。

 バイデン米大統領が1日、マクロン仏大統領との会談後の共同記者会見で、プーチン氏が戦争終結に関心を示せば「北大西洋条約機構(NATO)と相談し、プーチン氏と話をする用意がある」と述べたのに反応した。

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文649文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集