寅さんロケ地の料亭「川甚」跡地 観光拠点として25年度開業へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
川甚跡地に残る新館。老朽化していた本館は解体された=東京都葛飾区柴又7で11月18日
川甚跡地に残る新館。老朽化していた本館は解体された=東京都葛飾区柴又7で11月18日

 江戸後期の寛政年間の創業で、多くの文学作品に描かれた川魚料亭「川甚」(東京都葛飾区柴又7、2021年1月閉店)。跡地活用の方向性などを考える葛飾区の検討会の最終報告がまとまり、歴史・文化の継承やおもてなしを柱に、観光拠点として整備計画を進める内容が盛り込まれた。区は最終報告を踏まえて具体策を検討し、25年度の開業を目指す方針だ。【千脇康平】

 川甚はかつて江戸川のほとりにあり、大正期の河川改修に伴い、川から約200メートル離れた現在地へ移転した。夏目漱石や幸田露伴らの作品に描かれたほか、柴又を舞台にした映画「男はつらいよ」のロケ地にもなった。新型コロナウイルス禍のあおりで閉店した。

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文967文字)

あわせて読みたい

ニュース特集