ゲレンデに輝く「サムライブルー」 六甲山スノーパークがオープン

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
オープンした六甲山スノーパークのゲレンデをサッカー日本代表のユニホーム姿で滑走するスノーボーダー=神戸市灘区で2022年12月3日午前9時40分、滝川大貴撮影
オープンした六甲山スノーパークのゲレンデをサッカー日本代表のユニホーム姿で滑走するスノーボーダー=神戸市灘区で2022年12月3日午前9時40分、滝川大貴撮影

 神戸市灘区のスキー場「六甲山スノーパーク」が3日、オープンした。仮装して早朝に訪れると入園料とリフト代が無料になる恒例のイベントもあり、サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で決勝トーナメント進出を決めたばかりの日本代表のユニホームや、アニメキャラなどのコスチュームに身を包んだスキー客らが、…

この記事は有料記事です。

残り95文字(全文245文字)

あわせて読みたい

ニュース特集